屋根塗装

屋根や屋上は雨が当たりやすい部位です。このため防水加工をしなければ雨水が内部に侵入し、建物が腐食します。屋根や屋上に防水加工をしなければ雨漏りも発生しかねません。

工事をする場所の形状や、求める耐久性に合わせて、シート防水、FRP防水、ウレタン防水から選びましょう。

主な防水加工の耐用年数は以下のようになります。

シート防水

12〜15年

FRP防水

10〜15年

ウレタン防水

10〜13年

屋根や屋上の形状が単純な場合はシート防水、形状が複雑な場合はウレタン防水が
が向いています。

塩ビ樹脂やゴムを利用したシート状の素材です。シートなので塗装防水に比べると隙間があります。また、形状を変化させられないため単純な構造の屋根や屋上にしか対応していません。「価格が安い」「工事期間が短い」「耐用年数が長い」というメリットがあります。

シート防水

プラスチックやガラス繊維を利用した防水塗料です。塗料防水のため隙間なく施工ができます。また、屋根や屋上の形状に関係なく防水加工ができます。「複雑な形状の下地にも使える」「工事期間が短い」「腐食に強い」というメリットがあります。しかし「塗装後の仕上がりが硬いため割れやすい」というデメリットも存在します。

FRP防水

ウレタン樹脂を素材とした防水塗料です。塗料防水のため隙間なく施工ができます。また、屋根や屋上の形状に関係なく防水加工ができます。「複雑な形状の下地にも使える」「防水性が高い」というメリットがあります。しかし「厚さが均一にならず衝撃に弱い」「劣化しやすい」というデメリットも存在します。

ウレタン防水

自然災害も多くなっております。雨漏りなど大変なことになる前に是非ご相談ください。

屋根工事

屋根工事は先延ばしにせず、気になったら是非ご連絡ください。専門業者が見ることでわかることがあります。

屋根工事

確かな技術と実績を生かして、お客様のお悩みの解決に尽力いたします。お気軽にご相談ください。