外壁補修

経年劣化や地震などで起きる外壁のひび割れやタイル、モルタルの剥離等を補修します。

タイルや塗装など外壁に施されている仕上げ材には、美観のためだけでなく、コンクリートや鉄骨などの建物を構成している躯体部分を雨や外気から守る機能もあります。タイルのひび割れや目地の傷み、塗装の剥がれなど放っておくと建物の傷みや雨漏りにもつながります。

外壁の落下により思わぬ事故が発生し、社会的な責任も問われる場合があります。定期的な点検と補修が必要です。

・住宅の修繕工事の目安・

外壁や屋根なら、使用している塗料の種類である程度の寿命はわかりますし、実際に外壁塗装の状態を確認することで塗装の痛み具合を判断することができます。

・代表的な外壁の劣化の症状・

モルタル外壁で多いのが、下地のクラックとそれにともなう塗装のひび割れです。クラックが発生している場合、防水能力が低下してしまうため、隙間から雨が侵入してしまい、内部の木材や鉄筋が劣化します。

クラック(亀裂)(割れ)を発見

見た目が白っぽく、外壁の色が剥がれているように見える症状のことです。原因は、紫外線や日光、風雨などです。チョーキングが発生している場合は既に塗装による防水効果は期待できない状態です。

チョーキング(白亜化)してきた

カビは湿度や温度、カビの栄養となる成分などが揃えば、カンタンに繁殖します。どんなに建てて間もない住宅でも、一気に老朽化した見た目になってしまうでしょう。カビを吸い込んでしまい、アレルギーを発症する恐れもあります。

カビが発生している

外装材(サイディング)を張っているのであれば、雨がサイディングの裏に流れ込んで浮き(反り)の原因になったり、サイディングが縮んで、両端で割れて浮き(反り)が起こったりすることがあります。サイディングボードが劣化して変形しているなら張り替えを行うだけで修理はできますが、もし躯体が変形しているようなら下地部分の交換工事も必要となる修繕費が高額になるかもしれません。

外壁の浮き(反り)が気になる

強風で大きなゴミが飛んできた、車が接触したなどの理由で外壁に傷が付いてしまうと、そこから水分が建物内部に侵入し、あっという間に内部を劣化させてしまいます。

外壁に何らかの原因で傷がついている

修繕とはちょっと違いますが、塗装の塗り替えやサイディングボードの交換を行うと、建物のイメージをがらりと変えることができます。最近はDIYが流行しているため、外壁塗装やコーキングの打ち直しなどを自力で行いたいと考える方も居ますが、外壁のメンテナンスは、足場の設置、外壁洗浄、養生など、素人では完璧に行うのが難しい作業ばかりです。DIYを否定するわけではありませんが、リスクなどを考えた場合、プロに依頼した方が安全です。

単純にイメージチェンジしたい

外壁のメンテナンスは、使用している塗料、外壁材などによって大きく変わります。

ぜひ一度、ナカタ塗装にご相談ください。

外壁補修

​まずは、お見積りを作成し納得のいくお値段で施工開始いたします。お気軽にご相談ください。

外壁補修

確かな技術と実績を生かして、お客様のお悩みの解決に尽力いたします。お気軽にご相談ください。